トラック販売
東北

中古トラック販売・レンタル トラック123:(有)フリーマーケット123

【 (有)フリーマーケット123 中古トラック販売店 】 TEL072-894-0020

  1. ●TRUCK123 トップページへ

    トラックの買取査定

    トラック各種を1日レンタル致します、ご相談ください!!
    1日レンタルトラック
    取扱車種は高所作業車・クレーン・ダンプ等


    販売中の一覧、クリックしてください。 トラックワンツースリー在庫車両一覧
    @ トラック 

    平ボディ 販売情報検索 アルミブロック等
    バン 販売情報中古トラック車種別検索
    ウイング 販売情報検索
    クレーン 販売情報検索 UNIC・タダノ・新明和等
    ダンプ 販売情報検索 極東・新明和等
    冷凍車 販売情報検索 低温・中温・スタンバイ等
    Wキャブ 販売情報検索

    @ 特殊車両

    高所作業車 販売情報検索 アイチ・新明和等
    パッカー・塵芥車 販売情報検索 プレス・巻込み等
    穴掘建柱車検索 販売情報
    キャリアカー・車両運搬車 販売情報検索 フラトップ・スライド
    重機運搬車・積車 販売情報検索 ハイジャッキセルフ・スライド
    バキュームカー 販売情報検索
    ユンボ 販売情報検索 パワーショベル・バックホウ
    フォークリフト 販売情報検索
    アームロール 販売情報検索
    散水車 販売情報検索
    PG・パワーゲート 販売情報検索
    ミキサー 販売情報検索
    高圧洗浄 販売情報検索

    @ 軽バン

    軽バン 販売情報検索


  2. 平ボデイ・バン・ウイング・冷凍車・クレーン・ラフター・重機運搬車・ ダンプ・アームロール・ロールオン・バキュームダンパー・タンク車・ 穴掘建柱車・高所作業車・高圧洗浄車・散水車・工作車・レッカー車
  3.  荷台修理・横ネタ修理・床鉄板架装の説明 再生中古トラック  

     パッカー車の塗装の説明・流れ 使用の注意 

     クレーン車の塗装の説明・流れ 使用の注意  

     使用する塗料の説明 塗装のポイント 

     散水車の製作・架装・販売 

  4. ●ローン・リースも取り扱いをしております。
    ●ご来店での車両の見学可能です、事前にお電話くださいます様にお願いします。

  5. ●当社は良い商品を、コストを省いてより安くお客様にご提供いたします。

  6. 検索用 車種別販売情報一覧 詳細写真あり

  7. ★ フリーマーケット123 truck123 FACEBOOK ご参考にどうぞ!! ★

    毎日、各種情報を発信しています。


  8. より良い再生トラックを、より安く、当社は努力致します!
    当社は高品質の中古再生トラックをご提供する為、固定費、販売管理費等の削減を努力し、自社にて修理・塗装・整備を行い、低価格にてお客様にご提供が出来るようにインターネットを通じて大阪より全国へ販売しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  9. 中古トラック等を買取・下取りをしております。電話で簡単に買取査定できます。お電話ください。


  10.  荷台修理・横ネタ修理・床鉄板架装の説明 再生中古トラック  

     パッカー車の塗装の説明・流れ 使用の注意 

     クレーン車の塗装の説明・流れ 使用の注意  

     使用する塗料の説明 塗装のポイント 

     散水車の製作・架装・販売 
中古トラック販売・レンタル トラック123:(有)フリーマーケット123  E-mail: kume@truck123.co.jp
〒576-0017 大阪府交野市 星田北6-4345-2
TEL: 072-894-0020  FAX: 072-894-0019    担当: 久米 (080 5058 7770)
トラック買取(大阪・兵庫・京都・奈良)

デフオイル交換


デフオイル交換デフ(デファレンシャル・ギア)オイルは、一般的に交換頻度が低く、車種によっては、デファレンシャル・ギア・ケースを分解しないとオイルの排出が出来ない場合もある。またFF車の場合、トランスミッションとデファレンシャル・ギアが一体となっており、オイルも共用する事から、デフオイル単体での交換という作業の無い場合も多い。ここでは、デファレンシャル・ギアが単独で存在し、ギア・ケースにオイル交換用の排出口と注入口がある場合を想定して、交換手順を説明する。
車止めをセットし、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで保持する。
デファレンシャル・ギア・ケースのオイル注入口を閉じているボルトを外す。
デファレンシャル・ギア・ケースのオイル排出口を閉じているボルトを外し、オイルを排出する。
オイル排出口を締める。
オイル注入口からデフオイルを注入する。
オイルが注入口より溢れたら、オイル注入口を締める。
車体を下ろす。

ブレーキパッド交換

ブレーキパッドの交換は、ブレーキの構造により作業手順が異なる。
対向ピストン方式のディスクブレーキの場合
タイヤを取り付けているナットを緩める。
車止めをかけて、ジャッキで車体を持ち上げ、ジャッキスタンドで車体を保持する。
タイヤを取り付けているナットを外し、タイヤを取り外す。取り外したタイヤは、車体下に置き、万一車体が落下した場合に備える。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを外す。
ブレーキパッドを押さえている金具を外す。
ブレーキフルードの油量を確認する。多ければあふれる場合がある。
ブレーキパッドを押して、ブレーキピストンをゆっくり押し戻す。
ブレーキパッドを取り外す。
新しいブレーキパッドを取り付ける。
ブレーキパッドを押さえている金具を取り付ける。
ブレーキパッドを押さえているピンまたはボルトを取り付ける。
タイヤを取り付け、ナットを締める。
車体を下ろし、規定トルクでタイヤを取り付けているナットを締める。
ブレーキフルードの油量を確認し、ブレーキペダルを踏み代が出まで数回踏み、再度油量を確認する。
低速で走行し、ブレーキが効くか、異音がしないかを確かめる。

自動車の種類


自動車が誕生して、まだ百数十年であるが、すでに産業の中核となって久しい[要出典]。その区別は、当初は技術的観点からはじまった。販売する対象が一般大衆になり、販売の観点から、さまざまな区別がなされるようになった。一般化により法的規制もなされ、特に税や許可(ライセンス)の観点からの区分がはじまる。これらは、それぞれが独立したものではなく、相互に影響を及ぼしている。また、固定したものではなく、時代によって変遷があるため、種類・分類を理解のためには歴史の流れの視点で見ることが必要となる。法令による区分は最も変化しないが、技術的観点、販売の観点の区分では、従来区分に加えて新区分の追加が常におこなわれるため、その変化が大きい。[要出典]
分類(区分)の主要な観点
技術的観点
販売(マーケティング)の観点
各国の法令(免許制度、税制、排ガス規制など)の観点
歴史的流れからの観点
19世紀末の自動車産業の創成期から自動車業界では、それまで主流となっていた交通機関である馬車の種類を当てはめて区別されることが主流だった。馬車の種類の呼称の多くは欧州でつくられたもので、現在でも使われている。1910年代から1920年代で米国自動車産業は成長し、その後も第二次世界大戦からの復興に労力を費やした欧州と比べ米国の成長は著しく、1950年代には米国自動車産業は世界の中心となっていた。特に販売の観点からの区分は、米国で長らく販売第一位を保っているGMの影響は大きく、1950年代からGMが主導した車種多様化による販売上の差別化によりカテゴリー呼称も多様化した。この流れは現在までつづいており、常に新しい需要を喚起するようなものが導入され、変化に富んでいる。

クレーン付トラックの基礎知識

クレーン付きについてクレーン車は、幼い頃に「働く車」の代名詞として絵本などで目にした記憶があるかもしれません。ここで紹介するクレーンは、工事現場や建設現場で活躍しているクレーン車ではなく、トラックにクレーンの設備が備え付けられた「トラッククレーン」と呼ばれるものについて詳しくみていきましょう。
トラッククレーンの特徴は、運転席と荷台の間に小型のクレーンが設備されている点です。この機能の最大のメリットは、人の力ではどうにもならない重さのものを比較的容易に荷揚げ、荷降ろしできる点でしょう。また、トラッククレーンには運転席とクレーン操縦席が一体となっているものとそうでないものがあります。トラッククレーンのもう一つの特徴として、クレーン車は特種用途自動車に区別されるので、ナンバープレートでは8ナンバーをつけなければなりません。
気をつけなければいけない点として、クレーンを操縦するにはトラックの免許以外にも「移動式クレーン運転士免許」を取得しておく必要があります。この免許を持たずして操作をすると違法行為となってしまうため、注意しておきましょう。

トレーラーの基礎知識

トレーラーについてトレーラーもよく耳にする言葉ですが、どんなトラックの種類を指しているのでしょうか?ここでおさえておきたいのが、トレーラー自体にはエンジンなどは搭載されておらず、トラクタを使って牽引することが必要であるということ。つまり、トラクタとトレーラーが連結することによって1台の大型トラックが完成します。
日本で最も一般的なのは、「セミトレーラー」とよばれるもの。これはあらかじめトラクタと連結することを前提につくられたタイプのトレーラーで、積載スペースの後部に車輪がついています。トラクタと連結していない状態であれば、ほぼコンテナと同じ役割を果たすことになるため、貨物船などへはトレーラーのみを積み込んだ後、トラクタとは切り離されます。
また、何台もの乗用車を運ぶ「キャリアカー」や、コンテナの中で生活ができる「キャンピングカー」などもまたトレーラーの一種です。こちらも、日本ではセミトレーラーとトラクタを連結させて走行するタイプのものが多く見られます。

トラック123



寝屋川市・枚方市 中古トラック販売

再生中古ユニッククレーン販売

中古アイチ(AICHI)高所作業車販売・レンタル TRUCK123

中古トラック販売

中古クレーン販売・車検・修理・塗装 トラック123

中古トラック・ダンプ販売 大阪・京都・滋賀・岐阜

大阪中古クレーントラック販売・塗装・修理

中古クレーン販売 トラック123

トラック・ダンプ・クレーン・高所作業車 買取・買取査定

中古トラック販売

クレーン販売・ラジコン修理・シリンダー修理/TRUCK123/トラック販売

ダンプトラック販売・塗装・修理・レンタル・架装

中古トラック販売・修理・塗装・溶接修理(大阪・京都・奈良・兵庫)

大阪中古トラック販売 フリーマーケット123

大阪中古クレーン販売

再生中古アルミバン・ウイング販売 熊本県
特選B級グルメディナー+夜のシドニーチョット観光の写真
大阪のみなみの道頓堀の写真紹介
メルセデスベンツCL オートクチュール ブラバス(W140)の紹介
星の里いわふね 交野市立いわふね自然の森スポーツ・文化センター
大阪地域のトラックの自動車排出ガス規制
激安中古ユニッククレーン販売 日野自動車
ラフテレンークレーン(ラフター) ★ 加藤製作所 ★  
石川島播磨重工業
私市駅(きさいちえき)京阪電気鉄道
オーストラリアの働くトラック・バス・車の写真
忍ヶ丘駅 JR片町線
マイクロバスに自動ドア 、自動扉の取り付け
再生中古ユニッククレーン販売 富山県
大阪トラック買取のアメリカンピットブルテリア 闘犬 小太郎(無料買取査定!)
激安中古パッカー車・塵芥車販売 東京都
トラックのクレーン等、架装・取付・修理・整備の写真  サイカイ自工 大阪地域
淀川河川敷パブリックの京阪ゴルフ倶楽部の紹介
大阪ミナミの心斎橋筋の写真紹介
ブリッジチェッカー(高所作業車) タダノBT-110 高速道路工事などに!中古トラック販売
クレーン修理やラジコン修理、などタダノクレーンとユニッククレーン取扱いはサイカイ自工
中古トラック・ダンプ販売車両検索 静岡県
クレーン付きの漁船(和歌山県串本町)
オーストラリア観光TOP ページ
サイカイ自工 トラックへクレーンとPGなどの取付・架装
バスボデー製造 ★ ジェイ・バス ★  
激安中古パッカー車・塵芥車販売 三菱ふそう
建設・土木・建築関連の情報 関西・近畿
自家野菜料理(鉄板焼) こみち 寝屋川市のグルメ情報
重ダンプトラック(超大型ダンプ)の基礎知識