中古トラック販売
堺市

再生中古トラック販売・レンタル:(有)フリーマーケット123(トラックワンツースリー)

【 (有)フリーマーケット123 中古トラック販売店 】 TEL072-894-0020

  1. ●TRUCK123 トップページへ

    トラックの買取査定

    トラック各種を1日レンタル致します、ご相談ください!!
    1日レンタルトラック
    取扱車種は高所作業車・クレーン・ダンプ等

    販売中の一覧、クリックしてください。 トラックワンツースリー在庫車両一覧
    @ トラック 

    平ボディ 販売情報検索 アルミブロック等
    バン 販売情報中古トラック車種別検索
    ウイング 販売情報検索
    クレーン 販売情報検索 UNIC・タダノ・新明和等
    ダンプ 販売情報検索 極東・新明和等
    冷凍車 販売情報検索 低温・中温・スタンバイ等
    Wキャブ 販売情報検索

    @ 特殊車両

    高所作業車 販売情報検索 アイチ・新明和等
    パッカー・塵芥車 販売情報検索 プレス・巻込み等
    穴掘建柱車検索 販売情報
    キャリアカー・車両運搬車 販売情報検索 フラトップ・スライド
    重機運搬車・積車 販売情報検索 ハイジャッキセルフ・スライド
    バキュームカー 販売情報検索
    ユンボ 販売情報検索 パワーショベル・バックホウ
    フォークリフト 販売情報検索
    アームロール 販売情報検索
    散水車 販売情報検索
    PG・パワーゲート 販売情報検索
    ミキサー 販売情報検索
    高圧洗浄 販売情報検索

    @ 軽バン

    軽バン 販売情報検索


  2. 平ボデイ・バン・ウイング・冷凍車・クレーン・ラフター・重機運搬車・ ダンプ・アームロール・ロールオン・バキュームダンパー・タンク車・ 穴掘建柱車・高所作業車・高圧洗浄車・散水車・工作車・レッカー車
  3.  荷台修理・横ネタ修理・床鉄板架装の説明 再生中古トラック  

     パッカー車の塗装の説明・流れ 使用の注意 

     クレーン車の塗装の説明・流れ 使用の注意  

     使用する塗料の説明 塗装のポイント 

     散水車の製作・架装・販売 

  4. ●ローン・リースも取り扱いをしております。
    ●ご来店での車両の見学可能です、事前にお電話くださいます様にお願いします。

  5. ●当社は良い商品を、コストを省いてより安くお客様にご提供いたします。

  6. 検索用 車種別販売情報一覧 詳細写真あり

  7. ★ フリーマーケット123 truck123 FACEBOOK ご参考にどうぞ!! ★

    毎日、各種情報を発信しています。


  8. より良い再生トラックを、より安く、当社は努力致します!
    当社は高品質の中古再生トラックをご提供する為、固定費、販売管理費等の削減を努力し、自社にて修理・塗装・整備を行い、低価格にてお客様にご提供が出来るようにインターネットを通じて大阪より全国へ販売しております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

  9. 中古トラック等を買取・下取りをしております。電話で簡単に買取査定できます。お電話ください。


  10.  荷台修理・横ネタ修理・床鉄板架装の説明 再生中古トラック  

     パッカー車の塗装の説明・流れ 使用の注意 

     クレーン車の塗装の説明・流れ 使用の注意  

     使用する塗料の説明 塗装のポイント 

     散水車の製作・架装・販売 
再生中古トラック販売・レンタル:(有)フリーマーケット123(トラックワンツースリー)  E-mail: kume@truck123.co.jp
〒576-0017 大阪府交野市星田北6-4345
TEL: 072-894-0020  FAX: 072-894-0019    担当: 久米 (090 3991 7101)

ボディー


ボディーは、剛性のある丈夫な素材で構成されており、強度を保ちながら操縦性や燃費の点でなるべく軽く作ることが理想的である。ボディーは一般に塗装とコーティングだけで済まされる。[要出典]
素材
骨格部分には、鉄、アルミニウム合金などの金属、あるいはカーボンコンポジットなどの複合材料が用いられる。主要骨格以外のパネル部分などには、合成樹脂が用いられることもある。
構造
現在のところ、エンジンと足回りをしっかり支える台車構造の上にボディーを構成したものと、ボディー全体で構造強度を持たせるモノコック構造とに大別される。台車構造を持つ例としてはトラック、バスなどが挙げられ、一般の乗用車はモノコック構造を持っている。一般の乗用車も第二次大戦前までは台車構造だったが戦後は小型車を中心にモノコック構造へと移行した。しかしアメリカ車など一部の大型車は戦後も長らく台車構造を採用していたが、現在ではリンカーンタウンカーが唯一の台車構造を持つ大型乗用車[2]である。国産車でもトヨタクラウンが9代目のS140型(1991年-1995年)のロイヤルサルーンと1999年の11代目のS170型のトヨタ・クラウンエステートの登場まで8代目130型のままマイナーチェンジしながら併売されていたワゴンモデルまで台車構造を採用していた。

セルフローダーの基礎知識

セルフローダーについてセルフローダーという言葉は少し耳慣れない言葉かもしれませんが、街中で見かけたことはきっとあるはずです。セルフローダーとは、建設や土木工事で使われる重機を現場まで運ぶためのトラック。重機は走行目的ではなく、現場での作業のために作られた車であるため、その多くは自走することができなかったり、走行速度が遅かったりするなどの難点があります。セルフローダーは、迅速に重機を運搬するためには欠かせないトラックなのです。
セルフローダーに重機を積み込む際は、車体の前部を持ち上げることによって傾斜を設けます。次に、「アユミ板」と呼ばれる板を後部と地面の間に設置して、重機を荷台へと走行させます。この「アユミ板」の設置については、最近のセルフローダーには自動装置が搭載されていて、効率的な積み込みが可能です。しかし、非自動式と比べると車体価格は上がりますので、予算に合わせて購入を検討しましょう。

エンジンオイル交換


エンジンオイルの交換を行う場合、古いオイルの排出、新しいオイルの注入、オイル量のチェックの順で行う。古いオイルの排出には、エンジンオイルのレベルゲージより手動または電動のオイルポンプでオイルを排出する方法と、エンジン底部のオイル・パン排出口からオイルを排出する方法の2通りがある。それぞれの場合のエンジンオイル交換方法は以下の通り。
エンジン上部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
エンジンオイル・レベルゲージを抜き、その穴よりオイルポンプのチューブをオイルパン底まで差し込む。
ポンプを動かし、オイルが無くなるまで吸引する。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認する。
エンジン底部からオイルを排出する方法
エンジンオイル・フィラーキャップを外す。
カーリフトで作業しやすい位置まで持ち上げる(一般に身長程度)。
オイル・パンのドレーン・プラグを外し、古いオイルを排出する。
ドレーン・プラグのガスケットを新品に交換する。
オイルの排出が終了したら、オイル・パンのドレーン・プラグを閉め、規定トルクで締付ける。
リフトを下げ、車体を下ろす。
エンジンオイル・フィラーから新しいオイルを注入し、キャップを閉める。
エンジンを一定時間運転する。
エンジンオイルのレベルをチェックし、規定範囲である事を確認すると共にオイル漏れの有無を確認する。
エンジン上部からオイルを排出する場合、エンジン底部からオイルを排出する場合、いずれの場合も、エンジンオイル・フィラーキャップを先に外しているが、これは「オイルの排出は出来たが、注入が出来ない」状態を避ける為である。

汚泥吸排車(バキュームダンパ)の基礎知識

汚泥吸排車は真空ポンプを利用した吸引力が極めて大きい装置である。
側溝、下水枡、浄化槽、洗車場、工事現場などに堆積した汚泥、石塊など各種流動物を迅速・容易に吸引、運搬、排出する為に使用するものである。
構造は吸引物を収納するタンクとタンクを減圧するバキューム装置、吸引物を排出する油圧式排出機構(ダンプ装置・押し出し装置)に大別される。
吸引物はポンプ内を通る事無く吸引ホースから直接タンクに吸込まれる為、ホース内を通過できる流動物であれば容易に吸入できるのが特徴である。
特徴1 真空ポンプの排気量が大きく強力である。
特徴2 吸引物がポンプを通らないためポンプを痛める必要がなく安心して作業が出来る。
特徴3 吸引ホースを延長する事により広範囲の作業が可能である。
特徴4 タンク内は完全にシールされている為、吸引物が漏れる事無く衛生的であり、安心して輸送が出来る。
特徴5 排出作業はダンプ機構、押出機構の併用で迅速容易に行える。

冷蔵冷凍車の基礎知識

冷蔵冷凍車について普段、私達の食卓や飲食店のテーブルに並んでいる新鮮な料理の数々。こうした現代の食生活の一部は、冷凍冷蔵車が支えていると言っても過言ではありません。冷凍冷蔵車が主に運搬するのは、日本全国、果ては世界各地から輸入された食材です。少しでも新鮮な食材を市場や飲食店、家庭に届けるため、冷凍冷蔵車にはさまざまな工夫がされています。ここでは、「冷凍車」「保冷車」と呼ばれるトラックの特徴について紹介していきます。
冷凍車の場合は、どんな状況下でもコンテナ内を氷点下に保たなくてはなりません。特に真夏の日中などは室温が上昇しやすいために、運転者は細心の注意を払いながら運搬する必要があります。主な装備も、太陽光を反射し、太陽熱から荷物を守ることができるよう白色のカラーアルミパネルやFRPパネルを使用しています。また、積み下ろしの際の室温上昇を考え、保冷カーテンやエアカーテンを使い、冷気の流出を防ぐ工夫もされています。一方、保冷車の場合は外装は同じですが、室内を冷やす装置が装備されておらず、室温を低下させるためにはドライアイスなどを使って低音を保っています。

TRUCK123・(有)フリーマーケット123

中古ダンプ(極東・新明和)販売 富山県
中古クレーン(UNIC・TADANO)販売 関西(兵庫・大阪・京都・奈良)
中古タダノクレーン販売 TRUCK123
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 福井県
中古パッカー車・塵芥車販売 鳥取県
中古高所作業車販売 山梨県
中古ダンプ販売 高知県
中古散水車販売 (有)フリーマーケット123
中古タダノクレーン販売 TRUCK123
中古タダノクレーン販売 広島県
中古タダノクレーン販売 徳島県
中古ダンプ(極東・新明和)販売 TRUCK123
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 大阪・奈良
中古トラック・ダンプ販売 石川県
中古クレーン(UNIC・TADANO)販売 大阪・兵庫
中古トラック・ダンプ販売 鳥取県
中古クレーン販売 愛知・三重
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 富山県
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 石川県
中古クレーン付トラック(ラジコン)販売 山梨県
中古バキュイームカー販売 鳥取県
中古ダンプ販売 高槻・茨木

大阪の堺筋の通り沿い中之島公会堂の写真紹介[口コミ]
アオリ、パッカー車架装作業中!激安中古販売 TRUCK123
カタログ通販情報(セシール、ニッセン、シャディ)紹介 関西
プレスパッカーの投入部修理
大阪地域のトラックの自動車排出ガス規制
中国料理 麒麟閣 寝屋川 大阪グルメ
アメ村の三角公園の写真紹介
家庭料理の洋風居酒屋 ひふみ 大阪府門真市のグルメ
特殊トラック (家畜運搬トラック)制作・架装の写真情報
オーストラリア・世界最古のジェノランケーブ鍾乳洞の写真
高所作業車 特捜車 穴堀建柱車 ★ アイチコーポレーション ★  
トラック・重機の求車依頼用紙 TRUCK123
オーストラリア・ブルー・マウンテンズ国立公園の写真
トラック・重機の買取査定に必要事項 TRUCK123
エンジンオイルについて解説(ガソリン・ディーゼル)
買取査定用紙はこちら!(電話・FAX・MAILにて)
ISUZU:トラックステーション - いすゞ自動車
喫茶河童(交野市・コーヒー/喫茶店)
トラックのボディメーカーのご紹介
大阪トラック買取のアメリカンピットブルテリア 闘犬 小太郎(無料買取査定!)
大阪の心斎橋筋の大丸デパートの写真紹介
トラック・重機の買取販売地域のご紹介
中古バキュームカー販売
潮岬灯台(和歌山県串本町)
穴掘建柱車(ミニ建柱車・建柱クレーン)の基礎知識
オートバイに関する豆知識のサイトの情報  大阪・兵庫
七夕伝説「逢合橋(あいあいばし)」天の川/天野川・交野市
販売 買取 整備 修理 載換 架装のクレーン見積用紙  サイカイ自工 関西地域
クレーン メーカーのご紹介
(有)フリーマーケット123の販売車両についての概念