トップページへ

トラック基礎知識の一覧(検索用)

小型トラック基礎知識(平ボデイ・アルミブロック)

小型トラック基礎知識(ダンプ)

小型トラック基礎知識(ドライバン・アルミバン・ウイング)

中型トラック基礎知識

クレーン付トラック基礎知識

トラックと重機の購入時の選択仕方の基礎知識

ダンプトラックの基礎知識

大型・中型・小型トラックの種別の基礎知識

トラックの車両重量・車両総重量(GVW)・乗車定員の基礎知識

最大安定傾斜角・最小回転半径・最大積載量の基礎知識

クラッチとオートマチックの基礎知識

トラッククレーン・ラフター・ホイールクレーンの基礎知識

クレーン(CRANE)の種類の基礎知識

セミトレーラの基礎知識

トラクタ・トレーラの基礎知識

重ダンプの基礎知識

トラック ミキサーの基礎知識

高所作業車の基礎知識

高圧洗浄散水車の基礎知識

汚泥吸排車の基礎知識

穴掘建柱車の基礎知識

アームロールとロールオンの基礎知識

燃料(ガソリン・軽油)についての基礎知識

潤滑剤・作動油・不凍液の基礎知識

陸運局のご案内
トラック メーカー
クレーン メーカー
ボディ メーカー
特装 メーカー(特殊車両)
トラックの基礎知識
クレーンの基礎知識

 荷台修理・横ネタ修理・床鉄板架装の説明 再生中古トラック  

 パッカー車の塗装の説明・流れ 使用の注意 

 クレーン車の塗装の説明・流れ 使用の注意  

 使用する塗料の説明 塗装のポイント 

  TRUCK123 【トラック123】YOUTUBE  


買取査定

買取査定に必要な事項

買取査定用紙(FAX用)

買取の流れの説明

中古トラック販売情報

ご購入の流れ

ご購入時の必要書類
委任状(PDF)
譲渡証(PDF)
保管場所使用承諾証明書(PDF)
保管場所使用権原疎明書面(自認書)(PDF)
保管場所の所在図・配置図(PDF)
理由書(PDF)
書類の記入例
車検証の見方

お探しのトラック(求車)のお問合せ

求車依頼用紙(FAX用)

所有のトラックの委託販売について

ローン・リースについて
ご購入時のトラックチェック項目
TRUCK123のWEBオークション
トラックの部品・パーツ

(有)フリーマーケット123会社情報

(有)フリーマーケット123所在地

取扱地域について
販売車両について当社概念

トラック架装のお問合せについて
トラック架装問合せ用紙(FAX用)

大阪おすすめ店
寝屋川商店街
ピットブルの小太郎

トラックの写真1 大阪トラック買取直販センター TRUCK123

ダンプ・小型トラックの基礎知識

多様化するニーズに対応するため、トラック会社は様々な種類の寸法・エンジンなどを顧客に選んでもらえるように対応しています。

ダンプ (ボディ内寸)
標準ダンプ (低床・高床) 長さ3100 幅1600  床鉄板3.2
強化ダンプ (低床・高床) 長さ3100 幅1600  床鉄板6.0
ロング          長さ3300 幅1750
超強化ダンプ (低床・高床) 長さ3100 幅1600
3転ダンプ (低床・高床) 長さ3100 幅1600
ダブルキャブダンプ (低床・高床) 長さ2100 幅1600

その他、リヤゲートフラットダンプ、セフテーローダダンプ、ローダーダンプ、農業用ダンプ、4WDダンプなどのラインナップがある。

現在、小型トラックはアオリ3方開が一般的である。
低床・高床ダンプとあり荷台の地上高が変わってくる。
通常、強化ダンプは標準ダンプより床鉄板・アオリ鉄板が厚くなっている。
コボレーン等の架装は、整備工場でオーダーに従い取付けする。
車の高さが2m未満 4ナンバー 2m以上1ナンバーとなる。
ダンプ製造メーカー  新明和・極東が一般的である。

HAB = ハイドロ・アシスト・ブレーキ
リヤブレーキを制動させる油圧系統を独立化し、バキュームブースタ失陥時の安全性に配慮

ABS = アンチロック・ブレーキ・システム
滑りやすい路面における制動時に、タイヤロックを制御することで安定感のある車両姿勢をもたらし、万一の時の緊急回避でも事故の拡大防止に貢献

排気ブレーキ
ワンタッチのスイッチ操作で作動。長い下り坂などで、その威力を発揮

PTO方式 : Power Take Offの名のとおり、エンジンの回転力を取り出してダンプさせます。エンジン回転数でダンプ速度を変えることができます。ダンプ回数の多いヘビィユーザーの使用におすすめです。

電動方式:バッテリー電源で電動モーターを回しダンプさせます。アイドリング状態でダンプできるので、音が静かです。

最近は4ナンバーの3t積載の低床ダンプが、過積載の取り締まりなどが厳しいため人気がある。

寸法は全く同じである。

強化ダンプと標準ダンプは荷台の鉄板の厚みが違う、強化の方が厚いです。



大阪のトラック流入規制 自動車排出ガス規制

トラックと重機 電話で簡単に買取査定中!お問合せください TRUCK123

ダンプとは、「荷物を一度にどさっと降ろす」という意味の英語が由来しています。一般的に「ダンプカー」と呼ばれているこの種のトラックの特徴は、油圧式のピストンで荷台を上下させることによって積載物を一気に降ろすことができる機能が備わっている点です。ダンプカーは大きく2種類のトラックがあり、公道での走行を考えて作られた「普通ダンプ」と呼ばれるものと、公道の走行を目的とせず、ダム建設や鉱山など大規模な現場作業で用いられる「重ダンプ」が存在します。日本の街中でよく見かけるのは「普通ダンプ」と呼ばれる種類のダンプカーです。
日本では、道路交通法により普通ダンプカーの最大積載量は11トンまでと定められています。その他の法令に関しても、「ダンプ規制法(土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の防止等に関する特別措置法)」と呼ばれる法律が存在していて、大型自動車に区分されるダンプカーが公道を走行する際は、荷台に表示番号を表示しておくことが決められています。

ダンプの使用用途について
一度に全ての積載物を降ろすことができるダンプカーは、土砂や固形産業廃棄物を運搬する際に威力を発揮します。港湾の埋立地や産業廃棄物処理場周辺で何台も連なって走行するダンプカーを見かけたことはありませんか?そのような現場では、1日に何百トンという土砂が発生しているため、数十台のダンプカーが行きかっていることも頻繁に見られます。また、産業廃棄物処理場へ廃棄物を運搬するのもダンプカーの仕事です。
ダンプカーが運搬するものは主に細かな固形物。土砂や廃棄物の他、飼料や木材チップなどの資源も運搬します。ただ、ダンプカーが積み下ろしする際には大量の粉塵が周囲に舞うため、最近ではその飛散を最小限に食い止める工夫もされています。荷台のあおりを深くしたり、全体にシートをかけるなどをすることで、環境問題へも配慮することが大切ですね。
それから、最大積載量が5トン以上のダンプカーには自重計と呼ばれる過積載を防ぐ安全装置をつけることが義務付けられています。大型トラックを運転する場合は、安全面にも心を留めておかねばなりません。

普通免許で運転できるトラック
「トラックは、大型免許を取得していなければ運転することができない」という先入観を持っている人はいませんか?イメージでそう捉えがちなことも頷けますが、実はトラックは普通免許さえ取得していれば運転することが可能な場合があるのです。ただし、運転にはさまざまな条件が法律により定められているので、知識を持ったうえで安全運転を心掛けましょう。
これまで、一般的な自動車免許として知られている第1種普通免許(旅客運送業務を除く普通自動車)を取得していれば、「定員10名以内、かつ総重量8トン未満、かつ最大積載量5トン未満」のトラックを運転することが可能でした。しかし、2007年6月2日に「中型免許制度」が施行され、普通自動車と大型自動車の間に中型自動車が定義づけられるようになりました。これにより、普通自動車免許で運転できる範囲は「総重量5トン未満、かつ最大積載量3トン未満」に限定されるようになったのです。
つまり「2トントラック」は普通自動車免許で運転できますが、「4トントラック」は中型免許がなければ運転することができなくなりました。

トラックの写真2 大阪ラック買取直販センター

トラックの写真2 大阪ラック買取直販センター

再生中古バキュイームカー販売 長野県
中古トラック・ダンプ販売車両検索 岐阜市
中古トラック販売 和歌山県
中古散水車販売 神戸市
再生中古タダノクレーン販売 北海道
再生中古クレーン販売 東大阪市
再生中古パッカー車・塵芥車販売 関西
再生中古タダノクレーン販売 山形県
再生中古パッカー車・塵芥車販売 交野市

車(くるま)の個人売買掲示板 
ダンプ買取販売掲示板  
高所作業車の買取販売の掲示板 
バン・ウイングのトラック買取販売掲示板