トップページへ

トラック基礎知識の一覧(検索用)

小型トラック基礎知識(平ボデイ・アルミブロック)

小型トラック基礎知識(ダンプ)

小型トラック基礎知識(ドライバン・アルミバン・ウイング)

中型トラック基礎知識

クレーン付トラック基礎知識

トラックと重機の購入時の選択仕方の基礎知識

ダンプトラックの基礎知識

大型・中型・小型トラックの種別の基礎知識

トラックの車両重量・車両総重量(GVW)・乗車定員の基礎知識

最大安定傾斜角・最小回転半径・最大積載量の基礎知識

クラッチとオートマチックの基礎知識

トラッククレーン・ラフター・ホイールクレーンの基礎知識

クレーン(CRANE)の種類の基礎知識

セミトレーラの基礎知識

トラクタ・トレーラの基礎知識

重ダンプの基礎知識

トラック ミキサーの基礎知識

高所作業車の基礎知識

高圧洗浄散水車の基礎知識

汚泥吸排車の基礎知識

穴掘建柱車の基礎知識

アームロールとロールオンの基礎知識

燃料(ガソリン・軽油)についての基礎知識

潤滑剤・作動油・不凍液の基礎知識

  TRUCK123 【トラック123】YOUTUBE  

 荷台修理・横ネタ修理・床鉄板架装の説明 再生中古トラック  

 パッカー車の塗装の説明・流れ 使用の注意 

 クレーン車の塗装の説明・流れ 使用の注意  

 使用する塗料の説明 塗装のポイント 

陸運局のご案内
トラック メーカー
クレーン メーカー
ボディ メーカー
特装 メーカー(特殊車両)
トラックの基礎知識
クレーンの基礎知識


買取査定

買取査定に必要な事項

買取査定用紙(FAX用)

買取の流れの説明

中古トラック販売情報

ご購入の流れ

ご購入時の必要書類
委任状(PDF)
譲渡証(PDF)
保管場所使用承諾証明書(PDF)
保管場所使用権原疎明書面(自認書)(PDF)
保管場所の所在図・配置図(PDF)
理由書(PDF)
書類の記入例
車検証の見方

お探しのトラック(求車)のお問合せ

求車依頼用紙(FAX用)

所有のトラックの委託販売について

ローン・リースについて
ご購入時のトラックチェック項目
TRUCK123のWEBオークション
トラックの部品・パーツ

(有)フリーマーケット123会社情報

(有)フリーマーケット123所在地

取扱地域について
販売車両について当社概念

トラック架装のお問合せについて
トラック架装問合せ用紙(FAX用)

大阪おすすめ店
寝屋川商店街
ピットブルの小太郎

トラックの写真1 大阪トラック買取直販センター TRUCK123

ドライバン・アルミバン・ウイング・小型トラックの豆知識

多様化するニーズに対応するため、トラック会社は様々な種類の寸法・エンジンなどを顧客に選んでもらえるように対応しています。

  1. ドライバン(アルミバン・パネルバン)

    1) 標準キャブ(低床・高床)長さ 標準
    2) ハイキャブ(低床・高床)長さ 標準・セミロング・ロング
    3) ワイドキャブ(低床・高床)長さ ロング・超ロング

    a. サイドドア  開閉式サイドドア・スライド式サイドドア、
    b. 後ドア    観音ドア・シャッタードア・3枚ドアなど
    c. PG(パワーゲート)  垂直式PG、アーム式PG
    d. ラッシングレール  1段・2段・3段

  2. アルミウイング  フォークリフトなどで簡単に積み下ろしが出来る。
  3. シャッター式幌  フォークリフトなどで簡単に積み下ろしが出来る。
  4. 幌ウイング    フォークリフトなどで簡単に積み下ろしが出来る。
  5. 保冷バン
  6. 冷凍バン(中温)
  7. 冷凍バン(低温)

1.〜7.種類の中から用途にあった、寸法、機能を選択する必要がある。
車の高さが2m未満 4ナンバー 2m以上 1ナンバーとなる。



大阪のトラック流入規制 自動車排出ガス規制

トラックと重機 電話で簡単に買取査定中!お問合せください TRUCK123

アルミウィングについて
平ボディーと同じく、アルミウィングのトラックを日常的に目にすることは多いのではないでしょうか。アルミウィングは、積載スペースをアルミボディで覆っているタイプのトラックのことを指し、2トン車、4トン車をはじめ積載量のバリエーションもたくさんあります。アルミウィングもまた、ある地点からある地点までの荷物の運搬が目的となります。平ボディーよりも購入コストはかかってしまうのですが、積載スペースが頑丈なアルミボディで覆われている分、荷崩れの心配もなく雨天でも安心、安全に走行することが可能でしょう。こうしたメリットから、長距離運送業者の多くはアルミウィングを使用しているようですね。
また、形が崩れやすい果物や、壊れやすい精密機器など、振動に弱い荷物を運ぶ際には梱包や積み込み環境に気を遣わなくてはなりません。その際にも、アルミウィングならば両側の壁や天井を利用して固定をしたり、緩衝材をはさむなど対応をすることが可能です。こうした汎用性の高さが、多くのトラック業者に利用されている一番の理由だと言えるでしょう。

アルミウィングの使用用途・場面について
アルミウィングは、トラック業界の中でも特に頻繁に利用されている種類のトラックです。夜中、高速道路を走っていると、たくさんのアルミウィングを見ることができます。これは、アルミウィングの特徴が長距離運送にとても合っているからなのです。長距離運送の場合、一度に多くの荷物を運ぶことができなければコストがかかってしまいます。そのため、5トン以上の大型アルミウィングにより運搬するケースが現在では一般的です。また、高速道路を高速で走行するため、積載している荷物についても安全性が求められます。この点でも、頑丈なアルミウィングは衝撃などから荷物を守ってくれるため、安心して走行することができるのです。
さらに、長距離移動をすると、出発地とは異なる天候の場合も考えられます。大切な荷物を雨で濡らしてしまわぬようアルミウィングを用いるなど、さまざまなメリットが見受けられますね。長距離運送業を始める人にとって、アルミウィングの購入は不可欠であると言っても良いでしょう。

アルミウイング 作動確認 動画 YOUTUBE

冷蔵冷凍車について
普段、私達の食卓や飲食店のテーブルに並んでいる新鮮な料理の数々。こうした現代の食生活の一部は、冷凍冷蔵車が支えていると言っても過言ではありません。冷凍冷蔵車が主に運搬するのは、日本全国、果ては世界各地から輸入された食材です。少しでも新鮮な食材を市場や飲食店、家庭に届けるため、冷凍冷蔵車にはさまざまな工夫がされています。ここでは、「冷凍車」「保冷車」と呼ばれるトラックの特徴について紹介していきます。
冷凍車の場合は、どんな状況下でもコンテナ内を氷点下に保たなくてはなりません。特に真夏の日中などは室温が上昇しやすいために、運転者は細心の注意を払いながら運搬する必要があります。主な装備も、太陽光を反射し、太陽熱から荷物を守ることができるよう白色のカラーアルミパネルやFRPパネルを使用しています。また、積み下ろしの際の室温上昇を考え、保冷カーテンやエアカーテンを使い、冷気の流出を防ぐ工夫もされています。一方、保冷車の場合は外装は同じですが、室内を冷やす装置が装備されておらず、室温を低下させるためにはドライアイスなどを使って低音を保っています。

冷蔵冷凍車の使用用途・場面について
冷凍車がコンテナ内を氷点下に保ったまま走行するトラックに対し、保冷車はおよそ家庭の冷蔵庫ぐらいの室温を保ちながら走行するトラック。両者の使用用途はもちろん、運搬する食材によって、それぞれの内装や装備も異なってくるようです。
まず、冷凍食品やアイスクリームなどの商品を運搬する際は、氷点下を保ったまま走行することになります。そのため、冷凍車には機械式の冷凍装置を装備し、コンプレッサーで低温を運転席で管理できるような仕組みを利用しています。ちなみに、新鮮な野菜などの運搬はこのコンプレッサーを用いて、中温程度の室温で運搬することも可能です。また、液体窒素を使った冷凍装置の場合は室内の気温をマイナス50度以下まで下げることが可能になります。これは、冷凍マグロなどをはじめとする足の速い魚介類を運搬する際に使われています。
その他、冷凍車や保冷車は主に食品を運搬することが目的であるため、コンテナ内の衛生管理にも気を配らなければなりません。例えば、室内の床をステンレス製にしておけば殺菌作用が働き、安全に運搬することが可能です。

機械式 蓄冷式 窒素式
温度制御 ・キャブ内にある
  サーモスタットにより
  希望の温度に
  設定可能。

・ただし、そのユニットの
  使用範囲内で可能。
・制御はできない。

・庫内温度はその冷凍板の
  凍結温度範囲による。
・機械式と同様に可能。

・-40℃以下も可能。
冷却能力 ・サブエンジン式
  常に一定能力で
  冷却できる。

・メインエンジン式
  走行状態により変化する。
  エンジン停止時は
  冷却不可、ドア開閉後の
  温度回復は早い。

・予冷は早い。
・機械式より小さい。
  ただし、停車中でも
  冷却可能。
  停車回数の多い配送車に
  適している。

・ドア開閉後の温度回復は
  遅い。

・ボディー保冷性能による
  影響が大きい。

・蓄冷中の予冷可能。
  ただし、予冷能力は小さい。

・冷凍板の霜付が多い。
・冷却能力は大きい。

・ドア開閉後の
  温度回復は早い。

・予冷は早い。
  機械式とほぼ同じ。

・-40℃以下の
  マグロ輸送に最適。
輸送距離

輸送時間
・自由に使用可能。 ・蓄冷容量に限界があるので
  短距離のみ、通常8時間。
・液体窒素の補給基地の
  有無により限界がある。
積載効率 ・減トン率は、
  メインエンジン式に比べ
  サブエンジン式が多い。

・庫内容積は
  冷凍ユニットにより多少、
  小さくなる。
・減トン率大きい。

・庫内容積小さくなる。
・減トン率若干あり。

・庫内容積は多くとれる。
  ただし小型車は少ない。
騒音 ・サブエンジンは大きい。

・サブエンジン、
  メインエンジンとも
  スタンバイ運転時は
  若干あり。
・夜間蓄冷中少しあり。 ・無い。
取扱い ・他の2タイプより
  やや難しい。
・容易。 ・容易。
ランニング
コスト
・サブエンジンは燃料費、
  オイル費別途必要。

・メインエンジンは
  燃料費5%〜10%増加する。

・定期点検後、整備が必要。
・電気代(3相200V)。

・保守点検は必要。
・液体窒素代高価。

・補給基地が現在少ない。

・保守点検は必要。
車両 ・メインエンジンの場合、
  冷専シャシーが必要となる。
  ただし改造も可。

・アンダーマウントの場合、
  シャシー回りの機器移設
  必要。
・標準シャシーで可能。

・シャシー回り機器の移設
  必要。
・標準シャシーで可能。

・シャシー回り機器の
  移設必要。

トラックの写真2 大阪ラック買取直販センター

トラックの写真3 大阪ラック買取直販センター

トラックの写真4 大阪ラック買取直販センター




キャリアカー 作動確認 動画 YOUTUBE

飛行機DHC8-Q400の離陸、動画 YOUTUBE

黒毛和牛の競りの様子 動画 YOUTUBE

囲炉裏のスミの炎 動画 YOUTUBE



中古トラック販売 TRUCK123

寝屋川市・枚方市 中古トラック販売

再生中古ユニッククレーン販売

中古アイチ(AICHI)高所作業車販売・レンタル TRUCK123

中古トラック販売

中古クレーン販売・車検・修理・塗装 トラック123

中古トラック・ダンプ販売 大阪・京都・滋賀・岐阜

大阪中古クレーントラック販売・塗装・修理

中古クレーン販売 トラック123

トラック・ダンプ・クレーン・高所作業車 買取・買取査定

中古トラック販売

クレーン販売・ラジコン修理・シリンダー修理/TRUCK123/トラック販売

ダンプトラック販売・塗装・修理・レンタル・架装

中古トラック販売・修理・塗装・溶接修理(大阪・京都・奈良・兵庫)

大阪中古トラック販売 フリーマーケット123

大阪中古クレーン販売

中古クレーン付トラック(ラジコン)販売・シリンダー修理・ブーム修理・アウトリガー修理

中古トラック販売・修理・塗装・車検:TRUCK123

大阪中古トラック販売・修理・塗装 (有)フリーマーケット123

大阪トラック修理・塗装・整備・車検 TRUCK123

中古トラック販売 フリーマーケット123

大阪中古トラック販売・溶接修理・塗装・車検・荷台架装(大阪府・京都府・兵庫県)

大阪クレーントラック販売・修理・溶接加工・特定自主検査・ラジコン販売

中古トラック販売・溶接修理・塗装・車検・特定自主検査(大阪府・京都府・兵庫県)

パッカー車販売・塵芥車販売・シリンダー修理・塗装

大阪トラック販売 TRUCK123

中古ダンプ販売(極東・新明和)・コボレーン製作・修理・架装 近畿(大阪・京都・奈良・兵庫)

中古パッカー車販売・中古塵芥車販売・シリンダー修理・塗装

高所作業車販売・修理・工具箱製作・シリンダー修理 中古トラック販売

クレーン販売・塗装・修理 再生中古トラック販売

大阪中古トラック販売・修理・塗装・溶接加工・架装

大阪レンタルトラック 高所作業車1日レンタル

再生中古ユニッククレーン販売 青森県
再生中古ダンプ販売 岩手県
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 岐阜市
中古ダンプ販売 四条畷市
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 レンジャー
再生中古パッカー車・塵芥車販売 三重県
中古アイチ(AICHI)高所作業車販売 枚方市
中古散水車販売 日野自動車
再生中古クレーン販売 UDトラックス
中古トラック販売 寝屋川市
再生中古高所作業車販売 東大阪市