トップページへ

トラック基礎知識の一覧(検索用)

小型トラック基礎知識(平ボデイ・アルミブロック)

小型トラック基礎知識(ダンプ)

小型トラック基礎知識(ドライバン・アルミバン・ウイング)

中型トラック基礎知識

クレーン付トラック基礎知識

トラックと重機の購入時の選択仕方の基礎知識

ダンプトラックの基礎知識

大型・中型・小型トラックの種別の基礎知識

トラックの車両重量・車両総重量(GVW)・乗車定員の基礎知識

最大安定傾斜角・最小回転半径・最大積載量の基礎知識

クラッチとオートマチックの基礎知識

トラッククレーン・ラフター・ホイールクレーンの基礎知識

クレーン(CRANE)の種類の基礎知識

セミトレーラの基礎知識

トラクタ・トレーラの基礎知識

重ダンプの基礎知識

トラック ミキサーの基礎知識

高所作業車の基礎知識

高圧洗浄散水車の基礎知識

汚泥吸排車の基礎知識

穴掘建柱車の基礎知識

アームロールとロールオンの基礎知識

燃料(ガソリン・軽油)についての基礎知識

潤滑剤・作動油・不凍液の基礎知識


買取査定

買取査定に必要な事項

買取査定用紙(FAX用)

買取の流れの説明

中古トラック販売情報

ご購入の流れ

ご購入時の必要書類
委任状(PDF)
譲渡証(PDF)
保管場所使用承諾証明書(PDF)
保管場所使用権原疎明書面(自認書)(PDF)
保管場所の所在図・配置図(PDF)
理由書(PDF)
書類の記入例
車検証の見方

お探しのトラック(求車)のお問合せ

求車依頼用紙(FAX用)

所有のトラックの委託販売について

ローン・リースについて
ご購入時のトラックチェック項目
TRUCK123のWEBオークション
トラックの部品・パーツ

(有)フリーマーケット123会社情報

(有)フリーマーケット123所在地

取扱地域について
販売車両について当社概念

トラック架装のお問合せについて
トラック架装問合せ用紙(FAX用)

陸運局のご案内
トラック メーカー
クレーン メーカー
ボディ メーカー
特装 メーカー(特殊車両)
トラックの基礎知識
クレーンの基礎知識
大阪おすすめ店
寝屋川商店街
ピットブルの小太郎


トラックの写真1 大阪トラック買取直販センター TRUCK123

重ダンプトラック(超大型ダンプ)
   の基礎知識

重ダンプトラックは一般的に見かけることはない。なぜならば公道外の工事現場にて一回の積載にて30t〜40tもの大量の土砂・岩石を運搬する特殊な車である。
15tから300t程度の超大型もある。
当然、過酷な作業条件等に耐えられるように、特別な観点から設計されている。
石灰石鉱山にて運搬、砕石用原石運搬、鉱石運搬、ダム現場などにて大量の土砂の運搬に使用されている。
一般のダンプと異なり車検は不要である。公道の通行は法的に制限される。
特徴について1.〜9.に記す。

  1. シャシはリジット式フレームでボディ・パワーラインは過酷な作業条件に対して耐久性のある構造である。
  2. 最小回転半径が小さい、軸距離を短くし、舵取り角を大きく取れるもの、又はアーティキュレート式を採用し小回りが出来るようになっている。
  3. 急坂路での安全な長距離降坂が可能なようにリタ―ダを装着しているのが一般的である。
  4. オフロードの不整地走行で運転員の操作性、居住性の向上に工夫を加え、運転員の運転員の疲労軽減が図られている。
  5. 主要部材に高張力鋼材を使用して、必要強度を確保しながら車両重量を軽減している。
  6. 車両速度は実用限度の60〜70km/hに抑えている。
  7. タイヤは耐久性を考慮した特殊なオフロード用である。
  8. ボディ形状はスクープエンド型、V型がある。
  9. 公道の走行は法令の規制を受ける為、空車回送でも申請を行い許可を受ける必要がある。

  1. クレーン取付・修理・架装 サイカイ自工(ユニック)

  2. トラックと重機 電話で簡単に買取査定中!お問合せください TRUCK123

    大阪のトラック流入規制 自動車排出ガス規制

重ダンプトラック
「オフロードダンプトラック」「マンモスダンプ」とも。一般公道を走行せず、専らダム建設等の大規模土木工事現場内や鉱山などの作業用として用いる。積載量は20トンから300トンを超えるものもある。ホイールベースが短く、タイヤ径も非常に大きい。
なお、「ダンプトラック」という用語はマイニング業界およびメーカーの間では一般的ではない。この種のオフロード車両は米国では「ホウルトラック」(haul truck)、また欧州では「ダンパー」(dumper)と呼び、一般道路を走行する「ダンプトラック」とは明確に区別している。
業界最大のオフロードダンプトラックとしては、「リープヘル・T282B」(ドイツ)や「ビサイラス・MT6300AC」および「キャタピラー・797F」(アメリカ)があり、それらの最大積載量は400米トン(363トン)である。これらの鉱山用超大型ダンプトラックの多くは、内蔵するディーゼルエンジンで発電し、車軸に内蔵した直流モータあるいは交流モータを駆動させるディーゼル・エレクトリック駆動方式を採用している。「キャタピラー・797」は例外で、一般車両と同じメカニカルトランスミッションを採用している。
上記以外にオフロードダンプトラックを製作するメーカーとしては、日本の小松製作所や日立建機、ボルボ建設機械、ベラーズ(BeLAZ:Belarusian Autoworks、ベラルーシ)、DAC(Romanグループ、ルーマニア)などがある。


荷台を後方に傾ける方式のものが一般的である。これをリヤダンプという。このほかに、荷台を左右側面に傾ける方式のサイドダンプや、ピンの組み換え等で後方にも左右にも傾けることのできる三転ダンプ、高所へ積荷を下ろせるリフトダンプもある。

トラックの写真2 大阪ラック買取直販センター

トラックの写真3 大阪ラック買取直販センター

トラックの写真4 大阪ラック買取直販センター

長野県 中古散水車販売・レンタル
山口県 中古パッカー車・塵芥車販売
山形県 中古ユニッククレーン販売
秋田県 トラック販売
沖縄県 中古タダノクレーン販売
山形県 中古プレスパッカー販売
長野県 中古アルミバン・ウイング販売
再生中古高所作業車販売 高知県
中古クレーン販売 尼崎市
再生中古タダノクレーン販売 岩手県
再生中古ダンプ販売 四条畷市
中古ダンプ販売 伊丹市
中古散水車販売 熊本県
再生中古バキュイームカー販売 京都府
再生中古タダノクレーン販売 徳島市